「若者の自由な発想を縛る」おかしな社会に挑んだ記者たち

 アサヒ朝刊の1面トップにルポ2020「カナリアの歌」が掲載された。12月29日(日)から始まって、元旦号はお休み。年をまたがった変わった年始企画は元旦のIR汚職の特ダネのためか。きのう8日(水)の7回目「型どおりの授業 学校がつらい」(最終回)をじっくり読んでみた。親の転勤でドイツから帰国して都内の小学校に入ったが、事細かな「学…
コメント:0

続きを読むread more